■プロフィール

あしなが

Author:あしなが
犬が好き。
特に小僧・海・響命。
浦和レッズサポ。
食べることも大好き。
数年前に小僧の命が長くないかも、
という状況になったことがあり、
結局は事なきを得たものの
それ以来、小僧・海・響といかに
楽しく毎日を過ごすか。
を一番に考えて日々暮らしています。

ホリスティックケアカウンセラー
ペットマッサージセラピスト
ペットロスハートケアカウンセラー
2級建築士

小僧 : ♂ 天才ドリブラー
(kozou)ボールを持たせたら
   右に出るものナシ

2012.02 口腔の扁平上皮癌である
     ことが発覚
2012.05.05 こどもの日
   あと2週間で15歳というところで、
   この世を去りました。
   今まで一緒に居てくれて
   ありがとう。

海  : ♂ シャイな暴れん坊
(kai)小僧に強く、響に弱い。
2013.9.7 突然の別れ...
海の笑顔、忘れられないよ
我が家の子になってくれてありがとう

響  : ♀ 甘え上手・唯一の女子
(Hibiki)いかにも末っ子
空  : ♂ 2013.7に新規加入
(kuu)  ビビリの甘えん坊
晴  : ♂ 2014.11.22に新規加入
(haru)物怖じしないマイペースさん

■いくつになったの

小僧1997519日生まれ
1411ヶ月16日♪
15
歳の誕生日まで14
   ☆5465日間生き抜きました    今頃は大好きなサッカーボールを    追いかけてるかな?

は5月23日生まれ
113ヶ月15
12歳の誕生日まで260
 ☆4125日生き抜きました
       かわいい妹・響を           小僧と共に見守っててね!
script*KT*

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■東北地震犬猫レスキュー.com
■ペット同伴旅行
■オートキャンプ
■ミニチュアダックスフンド(kozou)
■リンク
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■FC2カウンター

■GREEN DOG

リンク先:GREEN DOGトップページ

■ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ただいまの時刻

■pet-c.net

2012.05.07-05.09 日記
2012.05.07(月)
前日、四国から帰って今日は小僧さん、
火葬の日。
この汚い服・・・ ↓                ↓
0507-1.jpg
小僧さんにゴハンを食べさせる時、小僧さんを
抱えてあげていたので、首を動かしたり、口から
垂れてきた食べ物たちが、こんな風に毎日毎回いっぱい
着いてました。
洗わずに旅行に行ったので帰ってきて…。
未だ洗えずにいたりします。
左上は火葬前の小僧さんです。
昨日帰ってから朝までは、小僧に付き合って?
一緒に寝ずに起きていました。
もう亡くなってしまったけど、まだ形のある小僧さんを
見ることが出来なくなるので。。。

むかーし、むかし、まだまだ小僧が元気な時代、
あまりにかわいいので、剥製にしたら…?と
思ったことがありますが、それはそれで無理ですね。
姿が見えないのはイヤですが、剥製になった姿を
見るのも耐えられないですね…
アホなこと、考えたもんです。

話しが反れてますが、
この日は海と響とお花屋さん探し。
ちょっと離れた商店街まで行ってきました。
小僧と2人暮らしの頃はたまに歩いてたな~と思い出しつつ。
目的は火葬に入れるお花を買うこと。
道中、小僧達とよく歩いた桜の散歩道。
すっかり青々と葉っぱが生い茂ってました。
大きな花の写真は、以前にも載せました。
時々遊んで頂いたバーディ&アルバ夫婦から頂きました。
ちゃんと小僧が居る内に届いたので
小僧も自分の眼で見ることが出来ました。
ありがとう。

お花を買って一度家に戻り、ちょっと休憩して
また出発。
今度は小僧さんもキャリーに入って一緒です。
荒川へ最後の散歩。
ほんの2週間ほど前は、この道を小僧が歩いてたのに。。。
0507-2.jpg
火葬は送迎して貰えるので15:00のお迎え時間に
合わせて散歩を終了。
そして火葬へ…
yくん、お骨を拾う時には間に合いました。
初めは来るつもりはなかったようですが、
何とか時間が作れたみたい。
私1人だと、何だかとってもあっさり事務的に
進んでいくので、1人でも増えてくれて良かった。
お寺のwankoさん、自由に散歩してました。

2012.05.08(火)
この日、私はハローワークへ。
先月一度、母に来て貰って留守番して貰い、
最初の手続きに行き、今日は2時間の説明会。。。
小僧を留守番させられないから、どうしようって
ずっと思ってたのに。
小僧さん、居なくなってた…
今日も荒川へ。
小僧がガンと分かって買ったカート。
カートで散歩なんてあり得なかったのに、
わずか1か月半なのに、すっかり習慣になってて
カート持って散歩に来ちゃった。
確かに小僧と違って、歩くのがいまいちな海と響には
カートは嬉しいと思うけど、空っぽなカート見たら
悲しくなった。
ので、もうカートは必要ないよね。
0508.jpg
でも、ちょっとコンビニに寄り道。 ↑ こうやって待たせてる時はカートが
あった方が安心だわ。
2012.05.09(水)
今日は雨じゃなかったんだけど…
竜巻予報が出ていて、大事を取って散歩は休み。
まだまだ小僧の話。
 ↓ この布団。。。yくんの。。。シーツのシミは小僧のよだれ。
0509.jpg
ペーストたちも小僧にと作って冷凍してたモノ。
帰って冷凍庫見て、私がフリーズしたさ。。。
小僧に、と買ったもの、作ったもの、沢山あるのに
その小僧が居ないなんて。
下の醤油と八つ橋は旅で買ったもの。
八つ橋、大好きなので、あったら買ってしまう。。。

7日に電話して翌日8日に届いたお花。
ホメオパシーの病院から。
あまりに早くてびっくりしたけど嬉しかった。

先生に亡くなるまでを簡単に話したら、
ホメオパシーやってる子は大体苦しまずに逝くんだって。
ちょうど小僧が亡くなった辺りは体調崩す子が多くて
(天候のせい)
ちょうど満月で、満月の時に亡くなる子も多いらしい。
小僧は流れに乗って、いい亡くなり方をした、って。

言われました。
何だか、ちょっとホッとしたというか
少し良かったんだ、と思えました。
短い間だったけど、あの病院に行って良かった。
ほんとはもっともっと早く行けたら良かったけど。

ほんとか分からないけど、ホメオパシーやってる子は
ほとんど苦しまない、って聞いて、
それだけでもホメ…やって良かった、と思えました。

最後に。
 続き ↓ に火葬直前の小僧さん。
 もし良かったら観てやって下さいませ。

続きを読む >>

テーマ:犬のいる生活 - ジャンル:ペット

今日のワンコ | 05:07:07 | トラックバック(0) | コメント(5)
2度目の四国 犬連れくるまたび(14) 小豆島 in 香川
2012.05.06(日)
朝起きると…あれ?空がどんより。
このホテル、船が係留できるので、船で来ているお客さんが
居て、朝早くから釣りにお出掛けしたり。
何か、のんびり出来るほんとにいい所でした。
朝ゴハンはBBQではないので、
wan連れでなければ店内ですが、wanko達が
一緒がいいのでテラス席です。
雨はパラパラ程度ですが、屋根もあるので問題なし。
有難いです。
朝ゴハンは和な感じ。美味しく頂きました。
0506-1.jpg
外が雨なので部屋に戻って休憩。
本当は15:00位のフェリーを予約していましたが
天気もいまいちだし、回ろうとしていた所は
昨日ほぼ巡れたし、小僧のこともあるので
早く帰りたいね、ってことで、早い時間にフェリーを
変更出来るか?フェリーの時間に合わせて早めに
出発。
行程組んだのも宿もフェリーもリサーチ&予約は私。
フェリー乗り場とホテルが近くて♪自分にnice♪♪
その前に、ホテルを出る時、雨が止んでいたので
ちょっとお散歩。
0506-2.jpg
そして福田港へ行き、時間の変更をお願いすると
快くok。ネットで一応数台の空きがある、と書いて
あったので良かった~。
そらは相変わらずどんより。
乗船時間は1時間半ちょっと。
0506-3.jpg
(↑yくんだけは客室見学に行ったので写真を撮ってきて貰いました)

初めは何とかもっていたけど、途中から雨。。。
行きのフェリーは屋根がある所にも椅子があったけど
このフェリーは屋根なし。

一部、椅子はないけど庇があったので、そこに避難。
何とか姫路港に到着。
初めての姫路ですが、さくさくと通り過ぎ、
0506-4.jpg
土山SAで休憩。公園で遊んでから遅めのランチ。
ですが、写真を完全に撮り忘れました。
0506-5.jpg
次の休憩は19:30.静岡県の富士川SA。
月がきれいな夜でした。
ここではwc休憩&散歩のみ。
レッズのユニフォームを着てる人に遭遇。
思わず、結果を聞いちゃいました。
この日はジュビロと試合だったんです。
1-1のドローでした。
さてさて。この旅で買ったもの…
他にも色々あるのですが、、、写真撮ってなくて。。。
あるものだけで。
他にしまなみ海道で伯方の塩を数種と小豆島で
お醤油を買いました。
0506-6.jpg
 ↑ ここ。小豆島の福田港の前にあるお土産屋さんですが
ここで1個買ってみたほろよい饅頭がめっちゃウマでした。
甘酒が好きな私にはたまらんかった。
箱で買うんだった~。
余ったスペースはとりあえず、最近の海&響で埋めてみました。

が。追加です(笑)
2日目に寄った霧の森で完売していた大福。
家に帰って受け取りました。
10年近く前から食べたかった大福です。
で、感想は。。。
美味しいです。確かに。
周りのお抹茶がちゃんと渋く、お餅の部分は
麩饅頭のようなむにゅっとした食感で(私は生麩好きです)
写真では観えませんが生クリームも入ってます。
甘さもちゃんとありますが、抹茶の渋みとお餅の
食感が好きです。
0507-3.jpg
とは言え、もうわざわざ行ってまでは買わないだろうなー。
もう食べられたので満足しました。

ということで4/27の夜出発をして5/6まで。
今年のGWの旅も終了しました。
今年は夏のlong旅は止めたので、
今年最初で最後の
long&遠出旅行となりました。

小僧さんとの計らずも最後の旅行となりましたが
旅の途中、しかもテントの中で逝くなんて
小僧さんって最後までカッコいいわ。と
思ったり。
私もテントの中で旅の途中で逝きたいかも、と
思ったり。
後悔はつきないし一緒に帰ってまだまだ一緒に
毎日を過ごしたかったけど、これで良かったの
かもしれません。

1年後のGWまで時間はたっぷり。
どこに行こうか…悩み中です~。
小僧が居るものと仮定して、既に去年の内から
候補は挙げてあったんですけどね…
って。小僧が居たら…と言い出したら結局いつまでも
居て欲しくてキリがないから、いつかは終わりが
くるから仕方ないんだけどね。

ではでは。

旅はwanko連れには特に晴れがいい。
天気で大きく左右されますね。
小僧にもっといい天気の中で
旅をさせてあげたかったな~。

テーマ:いぬたび - ジャンル:ペット

中国・四国 | 23:59:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
2度目の四国 犬連れくるまたび(13) 小豆島 in 香川
2012.05.05(土)
続き
二十四の瞳って以前本は読んだことがありますが
映画は観たことがないので、あんまりピンと来ず…
確か入場料を払って入りました。
wankoはokです。
建物の中も(飲食はNGですが)ダッコとかキャリーで
大丈夫だそうです。
0505-6.jpg
見ての通り、空が青くて穏やかな海が目の前にあって
癒される場所でした。
0505-7.jpg
お醤油屋さんの醤油プリンが気になって
外の席なら大丈夫なので頂いてみました。
確かに醤油の味。かなり美味しかった!
で。何だか気になったそうめん。
もっちりだ、って書いてあるから。
正直、うどんやそうめんより蕎麦が好きなんです。
だから普段は食べるなら蕎麦です。圧倒的に。
でも、うどんがウマい香川でそうめんもウマかろう、と。
因みに、小豆島はうどんよりそうめんが有名です。
で、そうめんはと言うと、これ、本当に食べた方が
いいです!もっちりです。
こんなおそうめんなら、普段でも食べます。
間違いなく。とっても美味しく頂きました。
引続きふらふらして15:30近くなったので
ぼちぼち、本日のお泊り先へ。。。
0505-8.jpg
ちょっと観光地から離れた所にあるホテル。
30分位で着きました。
シータイガーアイランドインという所です。
平屋の建物が並んでいて、目の前は海~♪
荷物を置いたら、散歩へ出発。
適当に歩いて、キャンプ場があるのを発見。
近くの公園で海&響を遊ばせ暗くなってきたので
ホテルに戻り、海&響のゴハンとしばしの休憩。
0505-9.jpg
晩ごはんはBBQなので(それ以外もある。と思う)テラス席で
当然、海&響も一緒♪
時間は、兼レストランなので、営業時間内なら
自分の好きな時間を指定できます。
我々は19:00からお願いしました。
0505-10.jpg
ちょっと虫が飛んでるのが気になったけど
外だから仕方ない。
ゴハンは美味しかったです。
満足。後は部屋に戻ってのんびり。
お風呂もwcも部屋にありますが、、、
我々、どっちも寝てしまい、お風呂に入らず(汗)でした。
私と海&響は手前の部屋で、
yくんはゴハンの間にお布団を敷いてあった和室で
小僧と共に眠りました。

これはあくまで旅の話、と思いながらも
小僧のこと書きますと…
ほんとに天気のお蔭もあり温暖な気候の小豆島で
ホテルもとってもいい所で、あともうちょっとだけ
頑張ってくれたらな、小豆島の空気も小僧にも
感じで欲しかったな。
と何度となく、思いました。

また行きたいリストに入りました。

テーマ:いぬたび - ジャンル:ペット

中国・四国 | 20:59:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
2度目の四国 犬連れくるまたび(12) 小豆島 in 香川
2012.05.05(土)
朝5:00過ぎ。
とりあえず外に出る。
ナニゴトもない、穏やかな朝。
旅の予定では今日、キャンプ場を後にして
初の小豆島へ渡り、1泊して、明日東京に帰る。
小僧が逝ってしまって、まだ信じられてなかった
けれど、東京に帰るか~、とぼーっと考えてた。
暫く、あれこれあれこれぼーっと考えて
自信がないまま、珍しく先に起きてたyくんに
小豆島、行くよ!と言ってみた。
そしたら、え?行くの?って言われると思ってたのに
うん!って即答で返ってきた。
あと1日。これで本当に最後の小僧との旅行。
小僧も当然、初めての小豆島。
せっかくだから、最後まで一緒に回ろうと思った。
休みながら片付けながらわさわさと過ごし、
0505-1.jpg
片付け完了。兵どもが夢のあと。
キャンプに来た時はいつもワクワクするけれど
片付けが終って空っぽに戻ったサイトを見ると
ちょっと淋しくなる。
小僧と一緒に来たのに。小僧ももう居ない。
一生忘れられないキャンプ場になるね。
天気に恵まれ、穏やかな、いいキャンプ場でした。
きっとまた来る。。。かな…。
フェリーは高松から乗るので早めに出発。
思っていたより近かったので余裕で到着。
1時間かからずに着きました。
フェリー乗り場の周りって閑散というか、
周りにあまり何もない所が多いイメージですが
(少なくとも私が今まで行った所はそうだった)
ここは賑やか。都会でした。
乗船時間まで余裕があるので、近くを散歩。
小僧さんはキャリーに入って一緒です。
0505-2.jpg
国際フェリーは甲板はwankook。
客室も顔出してなければいいらしいけど、
天気がいいので外に座って1時間。
うどんが売っていたのでyくんが食べたいってことで
2玉分。でもね、残念。コシはない。。。
何で香川なのに、、、とがっかり。
でも東京ではこんなもん。
香川県っていうだけで期待値が高いのね、きっと。
客室内は雑魚寝するところもあって、なかなか
良さげでした。1時間の乗船時間なのであっさり到着。
0505-3.jpg
小豆島、リサーチ不足で道の駅巡り。
まずは小豆島ふるさと村。
フェリーでアイスの無料券を頂いたのでスモモアイスを
食し、ちょこっと覗いて移動。
多くの人がスモモアイスを貰いに来ていました。
0505-4.jpg
次は小豆島オリーブ公園。こちらも道の駅です。
どっちの道の駅も駐車場はいっぱいでした。
フラフラっと歩いていたら、ガイド(ボランティアの)さんが
声をかけて下さり、結果、一緒に公園内を歩いて説明して
頂きました。
ただ歩いただけじゃ分からないことを、色々と教えて
下さったので、もし行かれたら、お話しを聞いてみるのも
いいと思います。
ただ、残念だったのは風車を前から撮れなかったこと。
後でもう1回行けば良かったんだけど、
小僧さんをずっと肩にかけてて、アイスノンとか入ってて
小僧さん自体は最後2.4㌔位しかなかったけど、とにかく
重いのと、結構暑いのが気になって…
で、結局話を聞きながら後ろから撮っただけの写真しか
なかった。。。
でもへぇ~な話が聞けて楽しかった。
0505-5.jpg
車に戻ってyくんと交代でお土産売り場へ。
オリーブのソフトクリームの他、
オリーブオイル(いい値段!)、オリーブサイダー(まだ飲んでないや…)
などなど買ってきました。
ソフトクリームは小僧も含め、全員食してみました。

最後の写真2枚は、この道の駅から移動して
二十四の瞳の映画村のものです。
天気がいいと写真が多いので、次回に続きます。

テーマ:犬のいる生活 - ジャンル:ペット

中国・四国 | 16:44:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
最後の夜 最後の朝
5/4の続きと補足
の前に

最後の小僧memo。
memo帳、足りなくなると思ってたのに
半分くらい残ったままです。

7:00頃 ロイカナを水に溶かして無理矢理流す。
     豆乳も。万田酵素、コルディMを混ぜている。
     水にはガーリックタブレ混ぜてる(虫よけ用)
15:00 a/d缶+水
17:30 a/d缶+水
夜 レバーペースト、焼き芋ペースト、缶詰、豆乳
1:00過ぎ、4:00前 吠える。

以上がmemoです。
あっさりですね。

では、5/4の旅ばなしでは簡単に書いただけなので
もうちょっと書き加えると、
上記memoの夜食べたのは、小僧さんが椅子から落ちてた後。
寝かせる前に、あげようと用意していたものでした。

最後まで要らないと拒否する(顔を背ける)ことは
していましたが、そうは言っても昨日、今日辺り
やや力が入らず、私がダッコして顔が上を向くようにして
ある程度首の左右の振りも固定させて、yくんに上から
流し込んで貰うようにして、食料をあげていました。
本人の意思とは別に喉の奥に直接流し込む感じです。
これは小僧さんの場合、口が常時開いているような
状態だから出来たことでもあります。

私の耳の辺りに小僧の喉がくるので、
ごっくん 
飲む音がよく聞こえました。
あのごっくん。
嬉しかった。
忘れられない音です。

焼き芋、ずっと食べさせたくて旅の初めの方で
サツマイモを 買っていたのに、
なかなか焼き芋を作る機会がなくて、
最終日にやっと焼いて、すり鉢で擦ってあげました。

レバーとか豆乳とかあれこれ少しずつ食べさせましたが、
小僧の人生最後に食べたものは…焼き芋でした。
でも、焼き芋は朝あげればいいか、と思いながらも
すり鉢で擦っていたので、あげられなかったという
無念を感じずに済みました。
あまりに美味しい焼き芋だったので、小僧にも
どうしても食べて欲しかったんです。
少し残して、火葬の時に一緒にお空へ焼き芋も
旅立ちました。

何だか最後だと分かってたら、もっといいもの用意したのに。
最後まで庶民な感じでごめんね。
食べ物をあげたあと、必ず最後に水をシューシューするように
していたのですが、確かこの時(夜ごはんの後)
シュッっとやっても
いつもと違って舌を動かさなかったのをよく覚えています。
ちょっとだけ、何かがひっかかりました。

食べさせてから、小僧をテントに入れて寝かせ
我々は外で焚火。
ですが、少しして小僧の声が聞こえ、テントに
戻って水をあげる。
何となく、いつもだと静かになったらそのまま
寝かせるのですが(邪魔しちゃいけないと)
その時は一緒に寝てみました。

初めて一緒に寝た(97’年末)時の腕枕。
2人暮らしの時は一緒に寝ていたけど、
いつの間にか 小僧と寝ることはあまりなくなっていました。

yくんが来てからは、yくんの布団で寝ることが
多かった 小僧。
最後に私の布団に入って寝たのはガンと分かって
すぐのこと。
yくんが実家に帰っていて居なかった時に
久々に一緒に寝たのを覚えています。

ごくごく最近は、人間達が寝る前から私の布団で寝ていて、
人間達が寝ても気付かず、そのまましばらーくzzz
ということはありましたが、
そういう時は邪魔しちゃいかん、と私は端っこか
全然違う所で 寝ていたので、あんまり傍では
寝てなかったのです。

一緒に添い寝した時間はせいぜい5分ほど。
だったかな。
少し前までは(家に居た頃)私の口を舐めてくれようと
していましたが、変な菌でも小僧の身体に入ったら
いかん、と拒否していましたが、今日は出ている舌に
ちゅーしたら…嫌がられました(笑)

静かになったので焚火に戻り、ウトウトしてるyくんを
横目に早く焚火を終わらせようと、
いつもならゆっくり焚火したい私ですが、
小僧が気になるので
ばしばし薪を突っ込んで早く焚火を終わらせて
テントに戻りました。
さきほど、小僧とあまり一緒に寝ていないと
書きましたが
このキャンプで昨日、今日は小僧の横に
倒れるように寝てました。
小僧が好き勝手に動けなくなっていたので、
傍で寝れました。

そしてmemoにもあったように1:00頃鳴く、
水をあげる。
wcに連れて行ったかどうかの記憶は…なく、
いつの間にか私も寝る、
そして4:00前に鳴く、また水をあげる。
でも舌が動いてない。

いつもちゃんと息をしているかお腹のあたりを見るのが
クセのようになっていたので、お腹の動きを見る…
いつものような上下の動きが…ない。。。

慌ててダッコする。

やっぱりいつもの呼吸ではなく、
時々トックン、トックン…というのか
ピクっピクっだか分からないけど、
そんなリズムで身体が動く。
迷ったけどyくんを起こす。

夜中に起こしてもあまり起きないyくんだけど、
小僧が息してないかも、と言って起こす。

yくんが水は?と言うので
あげたけど舌が動いてなかった、
その辺にあるからあげてみて、とシューして貰う。
やっぱり舌は動かない。

後でyくんに聞いたら、yくんがシュー(スプレー)を
その辺から取る辺りで、小僧がまた鳴いた、と。。。
確かに、そう言われるとそうだったかも。

とにかく、yくんに小僧さんをダッコする?と渡す。
動いてる?と聞くとううん。との返事。

また小僧さんを受け取る。
私の腕に戻ってきた時、もうさっきの小さな揺れも
なくなっていました。
もしも、後で思ったけど、救急とか呼んだりしたら
息を吹き返したりしたのかな?とか考えたけど、

あの瞬間、もう空が明るくなってくる頃で、
鳥のさえずりが聞こえてて、
ナニゴトもなければとっても爽やかな
キャンプでの朝、な感じで、穏やかで。
小僧と散歩に気持ち良く出掛ける。
そんな朝でした。

小僧さん、静かに苦しまず逝けて良かった、と
あの時はすっきり思えました。

でもそうは言っても信じられず、そのまま
暫く添い寝…一緒に30分位泣き寝入りしました。

すっきり、と書きましたが後から後から色々思うと
夜、舌を動かさなかった時点でおかしいと思って
(思うには思ったけど)何かしてれば、とか
ほんとの最期しか見てないから、本当は私が
寝ている間、1人で苦しんでたんじゃないか、とか
あれこれあれこれ。。。キリはない。

ちゃんとまとめて書いたわけでなく、思い出したもの
覚えてるものをわらわらと書いただけで、どれだけ
当時の状況が書けたのかよく分かりませんが、
これで小僧が生きていた時の話は一応、終ります。

これからは思い出話で小僧さんは登場する?かも?
です。後はガンと分かってからしたこと等、
わずかですが今後載せようかと思っています。

最期に、舌の写真、載せます。

毎度ながら、参考にする以外
観なくていいと思います。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。
Img55.jpg
2002.11 5歳6ヶ月。
     小僧さん一人っ子最後の日。日光に行きました。
     この翌日、海がやってきました。

続きを読む >>

テーマ:犬のいる生活 - ジャンル:ペット

小僧kozou | 05:19:39 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad