■プロフィール

あしなが

Author:あしなが
犬が好き。
特に小僧・海・響命。
浦和レッズサポ。
食べることも大好き。
数年前に小僧の命が長くないかも、
という状況になったことがあり、
結局は事なきを得たものの
それ以来、小僧・海・響といかに
楽しく毎日を過ごすか。
を一番に考えて日々暮らしています。

ホリスティックケアカウンセラー
ペットマッサージセラピスト
ペットロスハートケアカウンセラー
2級建築士

小僧 : ♂ 天才ドリブラー
(kozou)ボールを持たせたら
   右に出るものナシ

2012.02 口腔の扁平上皮癌である
     ことが発覚
2012.05.05 こどもの日
   あと2週間で15歳というところで、
   この世を去りました。
   今まで一緒に居てくれて
   ありがとう。

海  : ♂ シャイな暴れん坊
(kai)小僧に強く、響に弱い。
2013.9.7 突然の別れ...
海の笑顔、忘れられないよ
我が家の子になってくれてありがとう

響  : ♀ 甘え上手・唯一の女子
(Hibiki)いかにも末っ子
空  : ♂ 2013.7に新規加入
(kuu)  ビビリの甘えん坊
晴  : ♂ 2014.11.22に新規加入
(haru)物怖じしないマイペースさん

■いくつになったの

小僧1997519日生まれ
1411ヶ月16日♪
15
歳の誕生日まで14
   ☆5465日間生き抜きました    今頃は大好きなサッカーボールを    追いかけてるかな?

は5月23日生まれ
113ヶ月15
12歳の誕生日まで260
 ☆4125日生き抜きました
       かわいい妹・響を           小僧と共に見守っててね!
script*KT*

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■東北地震犬猫レスキュー.com
■ペット同伴旅行
■オートキャンプ
■ミニチュアダックスフンド(kozou)
■リンク
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■FC2カウンター

■GREEN DOG

リンク先:GREEN DOGトップページ

■ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ただいまの時刻

■pet-c.net

福島第1原発:警戒区域内のペット保護へ 獣医師立ち入り
久々の嬉し泣きしました。
たびのリサーチをする、とひとつ前のblogで書いたばかりですが
相変わらず、動物達に関することをあっちこっちで観ていたら♪♪
嬉しいニュース。
明日からです!!!
毎日新聞

福島県は27日、東京電力福島第1原発の半径20キロ圏内への立ち入りを禁じる「警戒区域」にいる犬などのペットを28日~5月2日に保護すると発表した。野放しにされたり、衰弱している犬を優先的に捕獲する。スクリーニング検査をして必要があれば除染し、県内の保健福祉事務所などで保護するという。
 県によると、警戒区域内にいる狂犬病予防法に基づく登録犬は約5800頭だが、正確な頭数は分からないという。飼い主が分かれば市町村を通じて連絡し、居住先が決まれば返す。県のホームページで保護したペットの特徴を公開する予定。【松本惇】

毎日新聞 4月27日20時29分

福島県は、福島第一原発20キロ圏内の警戒区域にいる犬などペットを保護するため、28日から獣医師の県職員らが同区域に立ち入ることを決めた。


読売新聞

ペットは保健福祉事務所で一時預かり、県のホームページに写真や収容場所を掲載して飼い主に引き取ってもらう。28日は南相馬市小高区と葛尾村で、市長、村長の許可を得て実施する。

 県によると、警戒区域内で登録されている犬は約5800匹。先に国が公表した警戒区域への立ち入り許可基準では、ペットの持ち出しは別途検討するとしていたが、保護を求める要望が相次いだため、まず、県独自で保護することにした。一時帰宅の際のペットの扱いは別途検討される。

 獣医師らは2班計10人の態勢で、防護服やマスク、線量計を身に着けて作業にあたり、ペットの被曝放射線量が高い場合はシャワーで全身を洗い流す「除染」を行うという。

(2011年4月27日21時37分 読売新聞)

ただ、、、気になるのは4日間だけ?なの?ってこと。
地域が広いし、それほど多くの人が現地入りするわけでも
なさそうなので、、、どれだけ保護できるのか???
野犬化して群れを成してるwanko達もいれば、ひっそり繋がれたままの子、
繋がれてないのに、家から離れない子。。。
姿が見えてる子達はまだいいけど、家から離れない子達も
ちゃんと見つけてくれるだろうか???

だけど、国が検討する、と言っただけで何日も経ってしまい
そのままなので、何もしないよりは遥かにいいです。
大きな前進。
福島県は色々と大変なのによくぞ、動いてくれました。
これで少しは助かる子もいるよね。
みんな、逃げないで避難しておいでね!!!


テーマ:東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~ - ジャンル:その他

未分類 | 23:51:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
浪江町の方に
。。。社)UKC JAPANのblogより。。。 

たった今、

社)UKC JAPAN 代表より、

嬉しいニュースが入ってきました!

代表はじめ、現地メンバーが、何度も、通い、

熱意をもって、団体の詳細説明をしたところ、

浪江町において、

町長さまならびに関係者の方より、

自衛隊と共に、動物の命を救いに行くこと、現地に入ることを、

許可していただくことが出来ました!!

現在、

要請待ちでございます。


。。。その前のblogでは。。。


社)UKC JAPAN 代表は、昨日、そして今日も、

20キロ圏内の市町村へ向かい、往復1500キロの道のりを走り、

各市町村長に直接、交渉し、

福島第一原子力発電所半径20キロ圏内の警戒区域への

立ち入り許可を得るため、

昨日4月26日は、

田村市・浪江町・楢葉町・双葉町・大熊町・富岡町・葛尾村・川内村の役場・対策本部に出向き、

20キロ圏内に残された動物達の保護要請による立ち入り許可の申請を行いました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

要請はしているものの、許可は出ていなかったのが、浪江町はまっさきに
要請があれば自衛隊と共に救助に入ってokとのこと。
但し、あくまで救助要請があってのこと。今までのように放浪犬を
保護することは出来ない。
浪江にお住まいの方で動物を飼われていた方、保護して貰い方、、、
UKCさんまでー!
この情報、避難している浪江町の方の耳に届きますように!!!

明日1日会社へ行ったら、、、GWです。
地震の前は楽しみでしょうがなかったGWが気付けばもうそこ。
一昨年のGWは飛騨高山、夏は東北地方、
 昨年のGWは三重・和歌山、夏は北海道
 今年のGWは南へ行ってきます。一年計画のたびが目前です。
まだ行程が全部組めてません(汗)荷物何も詰めてません。
出発は明日夜。仕事から帰ったらgoです。
去年のGWも夜出発でしたが、過去最高の渋滞でした。
今年はどうなんだろうか。。。
 この1ヶ月、ほとんどリサーチしていなかったので、
 今宵は頑張ってこれからリサーチしようと思います。
 まさに一夜漬け。。。うーーーー。間に合わない~。
明日はよっぽどのことがない限り、こちらに何か書くことはないので、
みなさま、楽しいGWを~♪
今年は頑張って2日だけでなく、6日も休んじゃいます!
勇気出して休むことにしました!
 動物達のことが気がかりですが、、、小僧達との貴重な時間、
大事に使ってこようと思います。






テーマ:東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~ - ジャンル:その他

未分類 | 23:21:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
20キロ圏内の畜産の殺処分決定
経済動物である家畜。。。
彼らの命、生きていてもいつかは人間達の血となり身となる。。。
原発に近いところでずっと暮らしていたとなると、命があっても
恐らくは販売されることもないかも・・・。
何のための命なのか???
私もわずかとは言え、お肉を食べるし、どうしたものかと
思ってきたけど、とうとう福島県で所有者の同意の下、
殺処分。ということになりました。明日から開始です。
基本的に弱っている子達が対象のようですが、国が動かない以上、
域外への搬出も出来ないそうで、同じような境遇の子が
ますます出てくるのでしょうか。。。

餓死している子も多いので、そのまま放置は衛生上もよくないし、
早いうちに何かすべきことだし、餓死よりはまだシンドくないかも
なので、最低限、可哀相だけどやるべきことかな、とは
ずっと思っていました。
命を助けることができないのなら。
だけど、やっぱり命は命。
記事を読んで切なくなりました。

最近、私は以前にもましてお肉を食べなくなりました・・・。

産経ニュース

福島県は24日、
福島第1原発から半径20キロ圏の警戒区域内で死にそうな牛や豚、
ニワトリの殺処分を25日から始めると発表したそうです。


・・・以下記事より抜粋・・・


放牧されたままになっている牛や馬などの家畜について、
所有者の同意があれば殺処分を含む「緊急的措置」を行うことを決めた。
区域内の衛生管理などが目的。
25日から県内の家畜保健衛生事務所の獣医師らがチームを組み、
放射線量が高い大熊、双葉、浪江町を除く6市町村に順次立ち入る。

死亡した家畜に消石灰をまき、ブルーシートで覆うほか、
ひん死状態や放置された家畜は、所有者の同意が得られれば殺処分する。
健康な家畜は畜舎に戻すなどするが、
国の方針が出ていないため、域外への搬出は難しいという。

・・・略・・・

初日の25日は、南相馬市小高区が対象。
獣医師など数名が2班に分かれ、
防護着着用で作業に着手する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

宮崎県の河野知事が、
20キロ圏内で飼育できなくなった豚や牛を
宮城県では受け入れ可能だと発表されたそうです。
こちらです
こんな声があっても域外へすら搬出出来ないのでは、、、
家畜として産まれてきた子達、、、
今度は人間に生まれてこれるといいね。。。

20㌔圏内完全封鎖で、今まで立ち入ってきた団体さんも全く
レスキューに行けなくなりました。

5月2.3日には東京都で災害時の動物救済活動など
世界を拠点に活動するIFAW
( International Fund for Animal Welfare 国際動物愛護基金)が
立ち入り禁止区域を含む、原発危険区域の動物のために
サミットを行うと発表しました。

各団体も引続きレスキューが出来るように、との要望を
出していますし、30㌔圏内での保護活動は続けているようです。
国が早く動いて対応してくれたら、もっと早く効率よく
ことが進むと思うのに。。。時間の猶予はないのに。

もう書くまい、と思いながらも今日もまた動物達のことを
書いてしまいました。

因みに今日、相馬や浪江から保護されてきたwankoさん達に
会ってきました^^
みんなかわいい子ばかりでした。



テーマ:東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~ - ジャンル:その他

未分類 | 23:13:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
少し前進?
-産経ニュースより-

・・以下記事より抜粋・・・


近藤昭一環境副大臣は同日の記者会見で

「連れ出しは(住民の一時帰宅と)同時になるか少し後になるのか、
順調に進むよう調整したい。
命に関わることなので早めにやりたい」
と話した。

福島県によると、
20キロ圏内にかかる9市町村で、
狂犬病予防法に基づき登録されている飼い犬は約5千頭いるが、
実際にどれくらい取り残されているかは不明という。

他の議員の方が環境省が動きそう、、、と言っていると
読んでいて、わずかな期待をしていました。
まずは少し前進。とは言え、具体的なことが決まったわけでは
ないので、1日も早く実行して貰えますように。
ただ、ペットだけのようなので、、、他の動物達も何か手立てを
お願いしたいです。
少しだけ安堵しました。
昨日0:00で20km圏内が警戒区域になりました。
その前に、と沢山の団体が現地入りしています。。。
明日からはどうなるのか、、、警戒区域になっても保護活動は
続けられるように、と訴えている団体もありますが・・・。。。
各団体とも、多くの動物達を既に保護しており、世話をするだけでも
かなり大変だと思われます。ずっと現地に居る人達の疲労も計り知れません。
元々の飼い主自身がペットと一緒に居られる環境を確保出来れば、
団体の方たちも少しは楽になれるかな。
まずはちょっとだけ、ホ。ですが、実行されるまでは
まだまだ気が抜けません。
出来るだけ早く実現しますように!!!


テーマ:東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~ - ジャンル:その他

未分類 | 00:54:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
進めー
岡本英子オフィシャルブログ
動物愛護議連として政府に被災動物の保護に関する要望書を提出した、
とのこと。

正直、遅い。。。
これまでに一体どれだけの命が失われたのか。。。
地震の直接の被害ではないし、病気でもない。
(中には患ってる子も居るだろうけど)
だけど、命が失われてる。。。
餓死。何も悪いことなんてしていないのに、
こんな仕打ちってなんだろう?
家畜にしてもペットにしても出来る限りの
対策を原発で避難してる方達には避難勧告の
段階ですべきじゃなかろうか。

要望書を出すのは遅いけど、ここからがきっとまた遅い。。。
それでも動かないよりは何かが動くことを願ってます。
1日も早く。
各団体の活動だけでは追いつきません。
保護出来たとしても、これから長い時間、面倒を見て
いかなきゃならない。。。
手間も費用も時間も沢山要します。

これから避難する人達にはペットに関しては
一緒に避難出来る場所をお知らせ&確保するように
して欲しい。
家畜はなかなか運搬が大変だけど、出来る限り受け入れ先を
見つける等々、何かできることがあるはず。
今まであった命、必要だからあった命。
なのになんで今、放置なんだろう。。。

私の生活自体は、普通に毎日出来ているけれど、この今、
一瞬、一瞬を一体どうやって生きてるのか、これからまた
辛い思いをする動物達がどれだけ増えるのか、、、
活動を続ける団体&ボランティアの方々の身体も心配。。。

そうそう、どこだったか、2箇所位で仮設住宅でのぺット同居が可に
なった、と観ました!もっと増えるといいな。

少し前に佐賀県が被災者とペットの受け入れを開始しましたが、
京都市も被災者受入れに伴うペットのホストファミリーを募集を
始めたとのこと。
ペットに関して行政が動いてくれるのは有難いことです。
いざとなると、こんな遠くに住むのはなかなか決心の要ることだと
思いますが、こういう情報が必要な方たちのもとへちゃんと
入るといいのですが。。。

早々と里親に出されている飼い主さんも多いようです。。。
考えただけで、辛いです。
こういう時こそ、動物は癒しです。
災害救助などで犬をつかうくせに、ペットの犬は助けないなんて
おかしいよ。。。私も人間だけど、人間ほど勝手な生き物って
いないよなぁ・・・。悶々としてるだけの自分の無力にも溜息です。
またグチりました。
ごめんなさい。
3月に予定していた旅行はキャンセルしましたが、
4/16-17は京都へ行って来ました。
去年から計画していたもので、迷いましたが行って来ました。
もちろん、小僧達も一緒です。
その内、こちらにも書こうと思います~。
GWも気付けばもうすぐ。。。ほぼ一年前から計画の旅行。。。
すっかりリサーチが滞ったままです・・・。
時間が経つのは早いですね。

テーマ:東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~ - ジャンル:その他

未分類 | 01:09:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad